社会福祉法人MONDEN会

園だより

食育レポ の園だより 
2018.11.09

* 5歳児 さつまいもおにぎり (門田保育園) *

10月に“稲刈り”を体験した子どもたちは、持って帰った稲穂を観察したり、もみ殻をむいて、玄米を観察して、お米に興味を持つようになっています。
先日、米作りでお世話になった村上のおじいちゃんが、子どもたちが稲刈りしたお米を、精米して届けてくれました。

今日は、その「お米」といきいき畑で収穫した「さつまいも」を使って、さつまいもおにぎりを作ります。

おにぎり作りの前日、子どもたちは「お米を洗う」ことに挑戦。
「私したことある!」と言う子も「初めてするよ。」と言う子も、みんなハリキリ顔☆

お米の入ったボウルに水を流し入れ、クルクルクルっと手でかき混ぜると・・・
「わぁ!カルピスみたい!」
「こんなに白くなるんじゃ~」と水の色の変化にビックリ!
お米が1粒こぼれても、「大変!もったいない!」と、あわてて拾ってくれました。
食べ物の「いのち」を大切にする心が育まれているのを感じます。

10月に“稲刈り”を体験した子どもたちは、持って帰った稲穂を観察したり、もみ殻をむいて、玄米を観察して、お米に興味を持つようになっています。
先日、米作りでお世話になった村上のおじいちゃんが、子どもたちが稲刈りしたお米を、精米して届けてくれました。

今日は、その「お米」といきいき畑で収穫した「さつまいも」を使って、さつまいもおにぎりを作ります。

おにぎり作りの前日、子どもたちは「お米を洗う」ことに挑戦。
「私したことある!」と言う子も「初めてするよ。」と言う子も、みんなハリキリ顔☆

お米の入ったボウルに水を流し入れ、クルクルクルっと手でかき混ぜると・・・
「わぁ!カルピスみたい!」
「こんなに白くなるんじゃ~」と水の色の変化にビックリ!
お米が1粒こぼれても、「大変!もったいない!」と、あわてて拾ってくれました。
食べ物の「いのち」を大切にする心が育まれているのを感じます。

いよいよ、おにぎり作りが始まります。

大きなお釜に炊き上がったさつまいもごはん。フタを開けると、湯気がほわぁん。
「うわぁ!ほかほかじゃね」「いいにおーい♡」
と歓声が上がります。

自分の分と先生の分、1人2個のさつまいもおにぎりを作りました。
「先生喜んでくれるかなぁ」「僕のキモチを届けるから、ハート型にしよ」と、自分のおにぎりを作るときより、先生に作るときの方が何だか楽しそう♡

ありがとうのキモチが伝わるように、小さな手に思いをぎゅっと込めています。

いよいよ、おにぎり作りが始まります。

大きなお釜に炊き上がったさつまいもごはん。フタを開けると、湯気がほわぁん。
「うわぁ!ほかほかじゃね」「いいにおーい♡」
と歓声が上がります。

自分の分と先生の分、1人2個のさつまいもおにぎりを作りました。
「先生喜んでくれるかなぁ」「僕のキモチを届けるから、ハート型にしよ」と、自分のおにぎりを作るときより、先生に作るときの方が何だか楽しそう♡

ありがとうのキモチが伝わるように、小さな手に思いをぎゅっと込めています。

給食の時間、一人一人の先生のところまで、さつまいもおにぎりを届けました。
恥ずかしそうに、照れ笑いしながらも、普段は言えない「ありがとう」の気持ちを、自分の言葉で伝えています。

色んな食べ物に・・・
いのちをくれて「ありがとう」
お友だちに、先生に・・・
そばにいてくれて「ありがとう」
今日一日で、たくさんのありがとうの気持ちを感じることができました。

最後はみんなで、たのしく・おいしく食べて、お腹も心も大満足の給食の時間でした。

給食の時間、一人一人の先生のところまで、さつまいもおにぎりを届けました。
恥ずかしそうに、照れ笑いしながらも、普段は言えない「ありがとう」の気持ちを、自分の言葉で伝えています。

色んな食べ物に・・・
いのちをくれて「ありがとう」
お友だちに、先生に・・・
そばにいてくれて「ありがとう」
今日一日で、たくさんのありがとうの気持ちを感じることができました。

最後はみんなで、たのしく・おいしく食べて、お腹も心も大満足の給食の時間でした。
食育レポ の園だより 
社会福祉法人MONDEN会	門田保育園
社会福祉法人MONDEN会	あいはうす
社会福祉法人MONDEN会	幼保連携型 ゆめはうす 認定こども園
社会福祉法人MONDEN会	すいみい保育園